理想のボディラインの基本

正しく測ることから

胸を測る人

正しいサイズのブラジャーを身につけていると自信を持って言えるという方は案外少ないのではないでしょうか。
いつもプロのフィッターさんに測ってもらっているという方は心配ないでしょう。
しかし自分で測って適当なサイズのブラジャーを選んでいたり、昔測った時のサイズを購入し続けているという方は注意が必要です。
バストサイズの測り方を今一度おさらいして、現在身につけているブラジャーが体型に合っているか見直してみましょう。
ブラジャーを選ぶ時に必要となるのはバストトップとアンダーのサイズです。
アンダーはバストのすぐ下をメジャーで測るのでそれほど難しくはないでしょう。
鏡を見ながらメジャーがゆがんでいないが確認して測ってみましょう。
一方、バストトップを測る時はコツが必要です。
正面を向いたまま測るのではなく前屈をした状態で測るようにしましょう。
バストは加齢と共に肉質が柔らかくなり下垂しやすくなります。
垂れてきたバストをしっかりホールドしてサポートするブラジャーを選ぶには、前屈した状態で測ったサイズが必要となります。
正しいサイズのブラジャーを身につけることは、体型を美しく見せるためには欠かせません。
バストや脇腹のたるみが気になるという方は特にブラジャー選びにはこだわりたいものです。
体に合ったブラジャーを身につけるだけで上半身がすっきりと見えるようになったり、諦めていたニットが似合うようになったりといったことも夢ではないのです。

測り方はとても大事

胸部測定

女性はいつでも、自分の体を美しく見せたいという願望があります。
体を美しく見せるには、綺麗なラインを作る必要があります。
その為には、自分の体に合った洋服を着こなす事が重要です。
特に、ブラジャーのサイズがぴったりフィットしている事が最も大きなポイントとなります。
ブラジャーは、通常カップサイズで大きさを表しております。
このカップサイズがどのように決まるのか、しっかり理解しておく事が重要です。
なぜなら、カップサイズが合ってないとブラジャーがずれてしまったり、逆に体に食い込んでしまったりして綺麗な体のラインを作る事が出来なくなるからです。
カップサイズを決めるには、トップバストとアンダーバストの差を測る必要があります。
トップバストとは、バスとの一番高い部分である乳頭がある場所です。
対しましてアンダーバストとは、バストのふくらみの直ぐ下を指しております。
この差を正確に測る事によって、自分の体にフィットしたブラジャーを選ぶ事が出来るようになるのです。
正しいブラジャーのカップサイズが分かりましたら、そのサイズのブラジャーを実際に試着する事をお勧めします。
同じカップサイズ表記であっても、国産メーカーと外国メーカーでは若干異なるからです。
また、ブラジャーのワイヤー部分が皮膚に合わない場合も考えられます。
試着の上、問題なく着けられるようでしたら、安心して購入して良いでしょう。
また試着の際は、店員のアドバイスも積極的に聞くようにしましょう。

バストの2つの位置を測る

胸部測定

ブラジャーは正しいサイズを身につけていないと、バストがきれいに見えないばかりか、肩こりや息苦しさなどの体調不良の原因にもなります。
その他にも、バストが垂れてしまう場合もあり得るため、サイズを正確に測ってから選ぶようにしなければなりません。
正しいブラジャーのサイズの測り方とは、トップバストとアンダーバストを測っていきます。
トップバストとは乳首のある部分を言い、アンダーバストは乳房の下にある付け根部分を言います。
トップバストはブラジャーのカップのサイズが分かり、アンダーバストはブラジャーの胸周りの長さをあらわします。
この2つのサイズが分かれば、バストにぴったり合うブラジャーが見つかるようになります。
どちらかのサイズが間違っていれば、違和感のある付け心地や見た目になってしまいます。
よって、必ず両方のサイズを測るようにし、その2つに当てはまるブラジャーを選ぶようにします。
ブラジャーをお店で買う場合は、店員の人に測ってもらってもかまいません。
ブラジャーを扱うお店の人は、知識も豊富なのでいろいろとアドバイスしてくれます。
通販で購入するときは、体専用のメジャーを使ってバストのサイズを自分で測り、サイズ表を参考にして選んでいくといいでしょう。
その他の注意点として、生理前や生理中はバストが張りやすくなるため、生理後にサイズを測っておくと安心です。
バストが張る日数は限られているので、それに合わせてしまえば生理以外に違和感が出てきてしまいます。
特にバストが張りやすい人は、気を付けなければいけません。